お問い合わせ  お問い合わせがありましたら、内容を明記し電子メールにてお問い合わせ下さい。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。             

正義

 旧優生保護法に対する最高裁の判断の中で、不法行為から20年が過ぎると賠償を求める権利がなくなるという「除斥期間」については、「この裁判で、請求権が消滅したとして国が損害賠償責任を免れることは、著しく正義・公平の理念に反し容認できない」として、認めませんでした。

 これを読んだとき、「かっこい~」、「クール」と思いました。「正義・公平」なんて法の条文ではなく、法の精神に基づく判断です。ある意味、超法規的とも思えますが、最高裁の判断なのですから、判断した瞬間に合法的となります。

 しかし、次の瞬間思いました。韓国の司法が国際条約に反する判断をしたのは、これと同じ論理なのだと思います。ただ、旧優生保護法の場合、賠償責任を負う日本国(すなわち日本人)は、この判断に対して、評価する術を持っています。すなわち最高裁判事を解任できます。しかし、日本人には韓国の最高裁判事を解任する術がありません。その点で、フェアーではないように思います。

 法とは、その時点での公序良俗に基づき解釈されます。ただ、その当事者の公序良俗に基づくべきです。自身の公序良俗に基づき、合意無く他者を強いるのは「正義・公正」に反すると思います。それ故に条約があるのです。

キュン

 本日は、「なのに、千輝くんは甘すぎる」を見ました。そのとき、胸キュンの必須要件を分かりました。第一に、ヒロインは真面目なこと。男性は、全方位で高スペック(ハンサム、高身長、スーツ万能、大金持ち、高学歴 その人の年齢によって、選択される)が、惚れるとガタガタに一途。

 そんなの無いですよね。でも、それがドラマ・映画です。

悔しい

 最近、ハニーレモンソーダという映画を見ました。主演のラウールの言葉を聞くと、「カッケイ~(かっこいい)」と叫びました。全編を通して、かっこいいヒーローと、可愛いヒロインです。そして、弱さを告白したヒーローを見て、この二人は絶対に一生添い遂げるなと思いました。涙腺崩壊です。

 私は様々なコンテンツを見て、老後にも何度も見直したいコンテンツを選んでいます。これは、そうです。というか、明日、見直したいと思うのです。

 残念ながら、ネット上では酷評です。もの凄く悔しい。もしかしたら、この良さを語ったゼミ生も分からないかもしれません。でも、いいのです。私は心を射貫かれた。きっと明日、リピートします。

新たな広域通信制

 地元上越に広域通信制高校が開校されるようです(https://joetsu.gr.jp/info/%E4%B8%8A%E8%B6%8A%E5%B8%82%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%97%E9%AB%98%E7%AD%89%E5%AD%A6%E9%99%A2-2025%E5%B9%B4%EF%BC%94%E6%9C%88%E9%96%8B%E6%A0%A1/)。地元の人が地元に広域通信制を開校するということは、今までの広域通信制と違い、地域密着型のある意味、超狭域通信制になるかもしれません。そうなれば地域コミュニティーの再生を目指せる脱工業化社会の学校になります。数十万人レベルの地方都市でこのような学校が生まれることは感慨深いものがあります。時代の進行は加速したのかもしれません。偏差値55~45の普通科高校に勝てる要素がありません。そのレベルの高校は非ジョブ型のFランクの大学に進学させるしか能が無いから。

言わない

 かなり前からの私のルールです。

 SNSに何を書かれようが、スルーです。セオリー通りに、大多数は何を言っても分からないことを知っています。それは我がゼミ出身者も同じです。しかし、問われれば応えます。ただし、出来るだけ短く。

 私の出来ることは、個に対応することではなく、集団に対応することです。だから、不特定多数への情報発信はしていますし、本も書いています。

 私は『学び合い』は必然だと思っています。だから、私がいようが、いまいが、関係ありません。もし、『学び合い』が絶えたならば、それが事実です。しかし、『学び合い』を知った意識高い系はそれから逃れられません。

 投資と同じで、短期の話はどうでもいいのです。その人を含めて誰も予想できない。長期は予想できます。ただし、その長期と、明日やるべきことを結びつける言説はありません。投資と同じで、実はもの凄く、簡単なのです。

 ま、圧倒的大多数に関しては意味不明ですね。でも、それが分かる2割弱が生まれたら日本の未来は明るい。