お問い合わせ  お問い合わせがありましたら、内容を明記し電子メールにてお問い合わせ下さい。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。             

2010-04-08

[]質問されて 22:27 質問されて - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 質問されて - 西川純のメモ 質問されて - 西川純のメモ のブックマークコメント

 最近は大学院の新入生がゼミ決めのための面談期間です。そのため、いろいろな学生さんが来て、質問をします。そこでは、定番の質問ですが、しばらくネットで書いてなかった質問をされたので、新鮮な思いで説明しました。そこで、アップします。

 学級崩壊したクラスをみれば、傍若無人な行動をしている子どもに目がいき、その子が問題の中心のように見えます。が、違います。本当の原因は、崩壊しているクラスにおいても、そこそこ真面目にやっている「よい子」です。一番手のかかる子は、おそらく崩壊前から授業に集中できなかったし、逸脱行動をしていました。でも、その頃は周りの子は教師に従っていました。だから崩壊ではありません。そして、他の子がそこそこやっているので、手のかかる子も暴走しません。

 つまり、学級崩壊の崩壊たる理由は、崩壊前にはそこそこ勉強した子が、逸脱行動をすることが問題の中心です。でも、その子たちが教師の指導に反する行動をするのは勇気のいることです。では、その子たちは何故、教師に反抗できるのか?

 それは、そのクラスのオピニオンリーダーたる、そのクラスの「いい子」たちが教師を見捨てるから、安心して教師の指導に反する行動をするのです。そして、その原因は、そのレベルの子が教師を見切るような行動をするからです。学級崩壊の本体は「よい子」の崩壊で、傍若無人な行動をしている子どもではありません。しかし、おおにして後者の子を何とかすることをしようとするから効果がないのです。それは本体ではなく、影です。本体の方をなんとかしなければ。

 学級崩壊を立て直すのは、実は簡単です。というのは本体である「よい子」は学級崩壊が自分に不利であることを十分理解しています。そして、中間層の子どもも理解しています。だから、ちゃんと謝って、「よい子」から見切られるような行動をやめればいいだけのことです。

 では見切られる行動とはなにか、それは方針が定まらずぶれた命令を乱発するからです。その原因は、教師の方針がシンプルでないからです。校長(管理職)と教師(部下)との関係に置き換えればわかりやすいと思います。

 もう一つの話は、携帯電話の選び方です。ロジャーズの理論をひもとかなくとも、人が商品を選ぶときの情報には、知った人からの情報と、知った人を介さない情報があります。たとえば、携帯電話を選ぶとき、知っている人の持っている携帯を確認し、その人(たち)から「いい携帯だ」という情報を得てから買う人がいます。もう一つは、ショップの人やそこのパンフレットにある専門的な情報を基に携帯を買う人です。

 世の中の圧倒的多数は、前者の人です。そして、今、『学び合い』を受け入れようとしている人は後者の人たちです。後者の人に適切な情報を流すことによってユーザーを増やし、その人たちを介して、前者の人を取り込むしかありません。

 学生さんに『学び合い』を伝えるにはどうしたらいいか?と質問した応えです。

[]山菜 21:38 山菜 - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 山菜 - 西川純のメモ 山菜 - 西川純のメモ のブックマークコメント

 大学内を散策すると、山菜がとれます。もう少しで、コシアブラとタラの芽がとれそうです。今は、カタクリの時期です。