お問い合わせ  お問い合わせがありましたら、内容を明記し電子メールにてお問い合わせ下さい。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。             

発見

 ふと発見しました。
 私は子どもが不幸になることがもの凄く嫌です。だから、最近の朝ドラはその部分は電源をオフにします。
 その一方、高年齢者の不幸に関しては共感出来ません。何故なら、大人とはその時々にするべきことをし続けた結果を甘んじて受けるべきだと思います。ただし、憲法の精神から生活保護は保証すべきですが、本人の思いレベルは公助の対象では無いと思っています。
 本来は自助が基本です。ただし、それが出来ない人も多い。だから、それが出来る人とのつながりが大事です。共助です。ただ、繋がっている人が、少数で均質な場合、同じレベルの人ばかりですから、共助は自助×人数ですので、結局何の意味もありません。
 きついことを書きますが、わたしは災害で呆然としている高齢者、ホームレスの高齢者を責めるつもりはありません。私が何もしなくても、その人は苦しんでいるのですから。しかし、私は「まだまにあう」人に警鐘を鳴らしたい。
 神は自らを助けるものを助ける、と申します。公助は自助を補完するものです。しかし、自助出来ない人はいます。例えば、国民年金を払わない人、ハザードマップを知らず対策しない人がいます。この人達を助けられる人がいたら、学校教育での仲間だと固く信じています。その人達は、自分自身が災害を想定し、子どもに頼らない人生を想定し、その方法を理解しなければなりません。その人達が周りの人を救えるのです。だから、きつい物言いをします。
 というレベルで情報発信する教育関係者はどれだけいるだろうか。私は来年から引きこもりモードになるつもりです。