お問い合わせ  お問い合わせがありましたら、内容を明記し電子メールにてお問い合わせ下さい。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。             

思考停止

 生の学校現場を知らない文部科学省の人たちが現場を分からないのはしょうがありません。現場を守るのは現場の仕事、文部科学省の人たちは現場を守る人たちを守る仕事なのですから。だから、ムカムカします。

 現場の人たちは夏の教室、冬の教室、どうするのですか?現場を知らない人たちの作ったスタンダードで、子どもを守れるのですか?ちょっと頭を使えば無理だと分かるでしょ?現場では、子どもの健康・命を無視して、「やったふり」するのですか?

 すみません。かなり失礼な物言いです。でも、私に対して「教師」として反論がありますか?あればお受けします。それがあればありがたい。

9月

本日、9月入学がとりあえず却下されました。当たり前のことです。9月入学を推進している方々は、教育村のことだけを考えているのでしょう。2000年問題でどれぐらいの問題があったかを理解しましょう。今回は、それ以上の影響力があります。

本質的な解決を模索している文部科学省の人たちに、無駄な労力から解放できてよかった。

姑息

 朝のニュースを見ていたら、与党の中で授業時間の遅れを取り戻すために、今年度の授業を2週間程度延ばすことが検討されているそうです。私は笑いました。だって、その人達はコロナの第2波、第3波のことを考慮していないのですから。その時になったらバナナのたたき売りの様に延ばすのでしょう。

 根本的には緊急事態宣言下でも学びを保証するオンライン授業の整備しかないのですが、それには踏み込まない。GIGAスクール構想の底の浅さが見え隠れします。

 ま、いいのです。保護者と子どもが公立学校を捨てればいいのですから。来年度の広域通信制の生徒数の増加はどれほどになるでしょう。私立学校の中にオンライン授業のオプションを提供できる学校があれば、そこに流れるでしょう。

 そもそも公立普通科高校の地盤沈下は顕在化しましたが、それが極端に現れるかもしれません。

 破壊的イノベーションは市場占有者が気づかないうちに、取り返しのつかないほどユーザーが流れます。そして市場占有者が後生大事にしているものの価値を破壊します。