お問い合わせ  お問い合わせがありましたら、内容を明記し電子メールにてお問い合わせ下さい。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。             

2024-06-01から1ヶ月間の記事一覧

発見

私は定期的にゼミ生達のいる部屋に行き、馬鹿話をします。それを知っているゼミ生達は「退職後は寂しくない?」と聞きます。 でも、土日の家内と一緒にいるときはゼミ生と話したいと思いません。埼玉の家にいるとき、ゼミ生と話したいと思いません。ようは、…

う~ん

年をとれば、若い頃に比べれば、一言の重みが違います。その結果として若い人に負担になることが苦しい。しかし、言うべきことは、言います。ま、あと1年以下で私の自己完結世界になります。若い方々、すみません。もうすぐ退場します。

素晴らしい教材、素晴らしい指導法があると思うのが今の教育です。しかし、一人一人の子ども・保護者がそんな教育を捨てる時代、そんな幻想は中長期的には生き残れない。一人一人の子どもにとって求める教材・指導法を実現するとしたら、一人一人の子どもが…

御礼

6月21日発売予定の「『学び合い』 誰一人見捨てない教育論」(https://amzn.to/4egnBH5 )が発売前に2刷発行が決まりました。ご予約いただいた方に深く感謝しています。 幸いに『学び合い』は広がりました。もちろん、我々が望むほどには広がってはいません…

整理

今は、研究室関係の物品を整理(つまり捨てて)います。整理するほど、大学に対するの思い入れは消えて、退職後の自分にフォーカスが移動します。退職後の私は、上越教育大学のライバルになります。かなり、手強いライバルです。

不登校

不登校はだめなこと、解決するべきこと、という枠組みを捨てる段階に来ていると思います。「学校に行きたいのに、行けない」という子どもの数としては多すぎます。実際は「今の学校に行く意味が分からない、行っても何も得るものが無い」と分かった子どもと…

信じる

本日のゼミで「信じる」ことに関する質問を受けました。『学び合い』の特徴が出ているので、書きます。そのうちにYouTubeで公開します( https://www.youtube.com/@TheNishikawalab )だれでも視聴できます。ただし、退職後は上越教育大学の西川ゼミはなくな…

後手

これからの年月、ずっと思うだろうな。頑張っても無理なことはあります。自分で出来ると思う気概はかいます。ただし、エビデンスで無理なのです。

私の蔵書の殆どはpdf化しています。ところが、ごく少数ながらそれが出来ない本があります。私を知る多くの人には意味不明だと思います。 古いところ oだと、コンラート・ローレンツやニコ・ティンバーゲンの本です。私が大学で生物学を学ぼうと思ったきっか…

退職後

退職後の私の機能は、イノベーターとイノベーターよりのアリーアダプターへの情報発信だと思っています。そして、私の生き方に興味を持って、生き方レベルの『学び合い』を理解したい人だと思っています。 つまり、普通の人にはメリットがない。 「新婚さん…

到達点2

私は何度も所属組織を変えました。 その組織の殆どは、「西川がいなくなれば自分のパイが増える」と思っていました。ところが、そのパイは異動先に移行します。それと、移行するパイのシステムが移行するのです。結果として、「激減」になり、一つの組織は廃…

到達点

「『学び合い』 誰一人見捨てない教育論」が発売されます。43年間の学術研究、40年間の実践によって私が到達したものを余すところなく書きました。全てのテクニックを廃し、心で実践する教育と書けばオカルト的ですらあります。『学び合い』実践者の方々に申…

憑神

研究者向きの性格なのか、私はハマると膨大な時間と金をかけて、徹底的に極めます。しかし、行き着くところまで行くと、冷めます。いま40年間ハマり続けたもの手じまいしつつあります。もちろん、根幹は残ります。しかし、その多くを占めていたものから離れ…