お問い合わせ  お問い合わせがありましたら、内容を明記し電子メールにてお問い合わせ下さい。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。             

2008-04-24

[]ついに 16:07 ついに - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - ついに - 西川純のメモ ついに - 西川純のメモ のブックマークコメント

 ついに近畿に『学び合い』ライブOK宣言者が現れました(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/kogapon7/20080423)。嬉しいと同時にホッとします。

 これによって、日帰り(電車・車)で『学び合い』が困難な地域はぐっと狭まりました。おそらく、県庁所在地に限ったならば、北海道・高知・徳島・島根以外は、それほど無理なく日帰りライブが可能なはずです。

 OK宣言されていない同志各位へ

 是非、どんどんOKになってください。参観者はクラスが成長する起爆剤になりますよ。それに、何の準備も必要はいらず、自慢の子どもたちを大いに自慢すればいいんですから。ね。

[]評価が厳しい 10:07 評価が厳しい - 西川純のメモ を含むブックマーク はてなブックマーク - 評価が厳しい - 西川純のメモ 評価が厳しい - 西川純のメモ のブックマークコメント

 あべたかさんのブログ(http://blog.abetaka.jp/?eid=756884)にコメントしたら、「「評価を厳しくする校長」という役割」ということに質問を受けました。大事なことなので、メモります。

 厳しい評価とは、「絶対にそれを求め、求め続ける」ということです。途中で、「まあしょうがない」と手をゆるめるようでは駄目です。

 そして、それが成り立つのは、「それを求めることが、その人・その人たちのために絶対になる」そして、「その人・その人たちが絶対に出来る」と信じていることです。さらに、ちょっと分かりにくいかもしれませんが、そのことを本気で信じていることを、「その人・その人たちが分かっている」とを確信していることです。

 ちなみに、私はゼミ生に対して、普通の人だったら信じられないような課題を与えます。しかし、ゼミ生は、私がそれをレトリック(修辞)で言っているわけではなく、本気で求めていることを知っています。そして、私がそれがゼミ生にとって意味があると、私が本気で信じていることをゼミ生は知っています。そして、それが絶対に達成できると、私が信じているをゼミ生は知っています。だから、私の課題・プレッシャーは厳しいと言われます。でも、しかし、人から与えられたプレッシャーなんてチョロいものです。本当に厳しいのは、自分が自分に与えるプレッシャーです。私は本気で信じているだけのことです。そして、自分が自分に与えるプレッシャーを乗り越えられる集団を作ることが私の仕事です。