お問い合わせ  お問い合わせがありましたら、内容を明記し電子メールにてお問い合わせ下さい。メールアドレスは、junとiamjun.comを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。もし、送れない場合はhttp://bit.ly/sAj4IIを参照下さい。             

パーキンソンの法則

パーキンソンの法則をご存じでしょうか?イギリスの歴史学者が提唱した法則です。具体的には以下の通りです。 第1法則 公務員の仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する 第2法則 公費の支出の額は、収入の額に達するまで膨張する …

頼もしい

本日、以下のようなメールが来ました。 「こんにちは!突然すみません。私は現在高校3年で現状の集団教育に疑問を抱き、そもそもの社会形態を「個」を尊重する社会にしたいと考えています。そこで学校の先生にこの旨を伝えると、西川さんの『個別最適化の教…

未来社会

みなさま私の中にある未来社会です。どこまでついて行けるか試して下さい。まあ、地方大学の一教師の妄想とお笑い下さい。 人口、特に若年層が減少する。地方の市町村は、「人が中規模以上の都市に移動し消滅」か、「ネットを活用した働き方をする人を中核と…

頭の中

私は本の中で、「次」に起こることを書きます。でも、「次の次」、「次の次の次」は書きません。というか世に出せないのです。 私が部活を社会体育に移行すべきだと思い始めたのは、2006年に西川ゼミを修了した岐阜県派遣の院生の方から聞いたのが最初です。…

幸せ

イギリスの劇作家のバーナード・ショウによれば、就職すれば人生の悩みの半分は解決するのです。これって、そうだと思います。まず、生きられる。各年齢で何を目指すのかが定まります。では残りの半分の悩みは何でしょう? 私は半分の半分の悩みは生涯を共に…

ブログ

うちの研究のゼミ生たちが順番にブログを書いています。なかなか面白いですよ。https://nishikawa-lab.jimdofree.com/%E8%A5%BF%E5%B7%9D%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%AE%A4%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0/

上越の会

9月25日に『学び合い』上越の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/event/index/601369/

エビデンス

人は既存の枠組みで物事を理解します。大抵はそれでいいのですが、全く異なる枠組みを理解する際に、それが障害になります。 『学び合い』では事前にグループをつくりません。そもそもグループで勉強しなさいと教師は求めません。でも、生活班等に慣れている…

競争

ゼミ生が学校の部活を社会体育に移行するには何が障害になるかを調べています。方法は、色々な人にその可能性を聞き、意見をもらうのです。 その中で社会体育に移行したら「大会はどうするのか?」という疑問があります。 なんで大会が必要なのでしょうか? …

未来社会

私は予言をします。ただし、神からの言葉を託される預言ではありません。論理的な帰結を述べているのです。 私が予言した当初は、アーリーアダプターの方でさえ「理屈はそうだが、さすがにそうならない」と思うし、マジョリティの人は「馬鹿馬鹿しい」と思い…

部活

教師がブラック残業から賢く身を守る方法(https://amzn.to/2YUPEH0) に書きましたが、部活の社会体育への移行(https://www.asahi.com/articles/ASN805GJ5N80UTQP00B.html?fbclid=IwAR3MWOVoNErqaPtjQOCXmpKw1TJTbd2S9gmJL2Dqde_dN9WTU6HJ4JYSnNs) がブラ…

家内と晩酌して、今います。ようは老後の設計とは、私が死んだ後の家内を守る収入の確保だと思います。

リフレッシュ法

私の研究室のある階の一つ下の階にゼミ生達のいる部屋があります。私はそこに2時間から4時間の間隔で行き、中学生並みのことをしています。具体的には、「後ろからそっと近づきビックリさせる」、「中学生レベルの下ネタを言う(中学生レベルというのは、ウ…

お願い

仲間の皆さんへ。ようは、身銭を切って本を読み、学ぶ人が必要なのです。何かあったとき、本に立ち戻る人が必要なのです。そういう人に伝えてください。1冊ぐらいしか読まずに、とりあえずやろうという人を、ちゃんとフォローしてください。

老後の趣味

みなさん、教えてください。 私には趣味という趣味はありません。我が身をマシーンにするため、趣味を封印して40年弱います。退職後の趣味はどうあるべきかを考えています。 私はコツコツ、ちょっとずつやるのが合っている趣味だと思うのです。 春と夏の山菜…

批判の作法

今から37年前に教育研究の世界に足を踏み込みました。その前半は基本的には学術の世界で生きており、現場との関わりは殆どありませんでした。2000年頃から現場に対する発信をし始め、次第に関わりが深くなりました。その中で批判の作法が学術と実践の世界で…

教科書の使用義務

『学び合い』では教師が教科書を読み上げ、そこにある問題を解かせて進める授業と違った進め方をする場合があります。そうすると教科書を使わなくていいのか?という疑問が起こります。本日、それについての質問があったので私の理解を書きます。ただし、厳…

純喫茶

ゼミ生には「日本を変えろ」という課題を与えています。最初は?と思っているゼミ生も、やがてその意味を理解し、何かをします。その一つの試みが純喫茶です。以下、ゼミ生のアナウンスです。 @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@ 9月の…

一人も見捨てない

ゼミ生が非常勤で務めています。そのゼミ生から、「一人も見捨てない」ということが本当に腑に落ちていない。だから、子どもたちに語り切れていない、と言われました。 私は以下のように語りました。 私はゼミを『学び合い』で運営している、でも、みんなは…

あはははは、大丈夫ですよ

最近、複数の方から私を心配して連絡がありました。中には自分がきっかけではないかと思い、謝る人もいます。最初は何をおっしゃっているのか分かりませんでした。分かって笑いました。そして、な~んもありません、と返信しました。 私は大人の話法を守れな…

現実的

以下の文章は、デ・ラ・ロッチャの本(de la Rocha,O. 1981 Field notes. School of Social Sciences, University of California Irvine.)に紹介されているものです。お読みください。 一人の文化人類学者がカリフォルニアの一都市で、減量のためダイエット…

イノベーション

我々の知識・技能は高度に文脈依存的です。数学を学ぶと論理的思考が育つと思っている人が多いですが、数学を学ぶことによって育つ論理的思考は、数学の問題を解決するときに使えますが、その他の問題解決にあまり役に立ちません。そして日本人の中で大人に…

文脈依存性

今、テレビで教科書の知識があれば、こんなのにも応用できる、という趣旨の番組がやっています。しかし、無理があるな~、と思います。というのは、我々の知識・技能は高度に文脈依存的なのです。つまり、ある知識を覚えた状況以外に適用することは殆どない…

判別法

私の考えは少数派です。だから、異論はあるのは当然です。SNSで発信したとき、その反論が大人の話法にあっている限りは付き合います。でもね。「おまえ」、「君」等の話法に合わない時はブロックします。判別法は簡単です。実生活で、それが許されるか否かで…

上越の会

8月29日に『学び合い』上越の会が開かれます。お誘いします。https://kokucheese.com/event/index/600817/

私の発言は、84%の方には不快でしょうね。でも、実証的データで反論は出来ないでしょう。 根拠俺とデータでは違います。

発信

仲間の『学び合い』実践が発信されるのは嬉しい。https://www.nhk.or.jp/fukushima/hamanaka/koseki-toukou/video_20200820-h.html

大学教育

大学の中は殆ど無人です。8月18日に本学学生がPCR検査で陽性反応がでました。ただちに休校措置がとられ、大学院入試が延期になりました。幸い感染は限定的で、やがて全面的な解除になるでしょう。 大学教育はなんと脆弱なんだろうと思います。学生や同僚との…

決断

人は日々、決断をします。若い人は重大な決断をすることが多い。教師である私は、自分の決断は正しかったかを迷う方から相談を受けることは少なくありません。その場合、言うことは同じです。 決断は多様で多数の情報に基づき下しましょう。そして、決断した…

思い

失礼な一言。 文部科学省、教育委員会の担当者の中で、今の教育を守ろうではなく、子どもたちを守ろうと思っている人、どれだけいるのかな?イコールだと思っている人が多すぎる。